大会の趣旨

平成 23 年 6 月 24 日に公布された「スポーツ基本法」の精神(スポーツは世界共通の 人類の文化・心身の健康の保持増進にも重要な役割を果たす・健康で活力に満ちた長寿社会の実現に不可欠である。)は、本年度で25回を迎える本大ハンドボールをて通して具現化しようとしてきた趣旨に合致するものである。

これまでの歩みに自信と確信をもち、わが国のハンドボールの更なる発展と普及、 ハンドボーラーのスポーツライフ充実を願って開催するものである。

具体的には大会への主体的な参加「すべてを参加者の手作りで」を基本理念とし、会場準備、ゲーム進行、レフェリー担当等々に最大限の責任を果たし、参加者各人が寛容の精神を持ち、大会全てを楽しむことである。

ホームページへ